如何に引越の料金を安く済ませるか?比較するときの注意点を公開

引越し料金を安く!見積もりサービスを使って賢く節約

安く・上手く・早く!引越しを成功させる料金見積の取り方

引越し料金を上手く節約するコツはなんといっても引越し見積もり比較の出来るサイトで相見積もりをしてもらうことです。
そしてその中から4社ほどに絞って実際に交渉していきます。
この時選ぶ業者ですが、最大手の引っ越し業者2社、次に準大手の引越し業者2社ほどを選ぶのがポイントです。
最大手とはサカイ引越センターや、クロネコヤマト・アリさんマークの引越社がそうです。
準大手はアーク引越センター・ハトのマークの引越社・ダック引越センターなどが当たります。

どうして複数の業者を選ぶのか?

複数選ぶのはもちろん業者間の見積り価格を更に値引きして安くしてもらうのが理由ですが、その他にも大小選ぶのには理由があります。
それは大手とそれ以外とかですと、サービスの内容に大きな差があるからです。
自分が付けたいサービスや、オプションが結構変わってきます。
それらを総合的に判断するために初めに大きなところと中規模なところを選ぶようにします。
この時地域密着型の引越社も選んでよいのですが、小規模な引越社は保証などに少し不安がある場合がよくあります。
サービス自体は逆に地域密着の引っ越し業者さんでも大手と遜色ないどころか、実際には良かったりします。
しかし、大手の引っ越し業者はやはり保証が手厚くできているのです。
家具・家電の損傷、更には自然災害、引越社本人の病気で当日に引っ越しできない場合など、様々な保証が充実しています。
これらを鑑みてそれでも小規模なg引っ越し業者を選ぶ理由はなんといっても安さと融通を聞いてくれるところではないでしょうか?
総合的に見てデメリットを超えるメリットが見える場合は最初の選定で地域密着の引っ越し業者を1社から2社入れてみるのは大いにありかと思います。

値段は現場調査で正式で決まる

実際に4社ほど絞り込んだら次はその4社に実際に現場の荷物や、周りの環境、新居の立地・場所などを見てもらう作業になります。
この時に具体的な見積金額が出るので、くまなく調査してもらったほうが良いです。
良くあるのが見つけくいクローゼット・押入れの中に大量の荷物が残っていて追加料金を取られることがあります。
当日に発見されますので、どうしようもなくなってしまいます。
又、見落としがちなのが、新居や現住宅の外階段などです。現住宅の方は業者が見てくれるでしょうが、新居の方は現地まで調査しないことがありますので、その旨はしっかり業者に伝えておくようにしましょう。

引越し業者を決める

全社の見積りが終わったら、家族でその見積をしっかり検討しましょう。ポイントは総額だけ見るのではなく、上述したように、サービスの中身までチェックすることです。ここで手を抜くと思わぬ失敗を招くことになりますからしっかりチェックするようにします。
この段階である程度決まったとしても即決してはいけません。
もう一度第2候補に電話しましょう。間違えないように、【第2候補】です。
先に第2候補に電話してもう少し値段勉強してもらえないか交渉しましょう。その際他の引っ越し業者の見積金額を伝えるようにすると効果的です。
「クロネコヤマトさんは15万って行ってるんですけどこれより下げれますか?」みたいな感じで言いましょう。
そして引越し料金に納得がいくぐらい下げてもらえるたら、ここでいよいよ本命の【第一候補】に電話するのです。

最終勝負

先の第2候補の引っ越し業者の見積も極限まで安くしてもらっているはずですから、これを第一候補の業者に伝えましょう。
これでかなり見積もり料金が安くなります。
以上引越し料金を安くする見積の取り方を説明してきましたが、この他にも細かな注意点などがありあります。それは個別記事の方でしっかり説明していきますので是ぜひしっかりお読みになって失敗の無い引越しにして下さい。
上手くやることで10万円以上も節約できることになりますから。
又、引越しの時に困りやすい不要品の処分の仕方や占いなど多彩なコンテンツも用意しています。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ